健診の注意事項  

検査前の食事に関する注意事項

※健康診断前日のアルコール類の摂取、および暴飲・暴食は避けてください。

午前に受診される方
健診前日 健診当日
前日21時までに消化のよい食事を済ませ、それ以降は食べ物、糖分の入った飲み物の飲食はご遠慮ください。水分摂取は水または白湯であれば就寝前まで可能です。




禁食・禁煙です。お茶・あめ・ガムや、味見など少量であっても飲食は検査実施に影響しますのでご遠慮ください。(胃検査・腹部超音波を受診されない方も上記に該当します。)
服薬も含め健診予約時間の2時間前までにコップ1杯程度(200ml)の水または白湯でしたら飲んでいただいてかまいません。ただし、量が多いと検査実施に影響しますのでご注意ください。

午後に受診される方
血液検査は空腹時(食後10時間以上経過)に受けることでより正確な検査となります。
やむを得ず食べ物をとられる場合は、検査予約時間の3.5時間前までに済ませてください。
その後の飲食(水以外)は、あめ・ガムも含めご遠慮ください。

薬を服用されている方へ

*血圧・心臓病などの薬の服用が必要な方は、必ず健診予約時間の2時間前までにコップ1杯程度(200ml)の水で服用してください。お茶ではなく必ず水で服薬してください。
*糖尿病で血糖降下剤を服用中の方、インスリン注射をしておられる方は、健診当日の内服・注射についてあらかじめ主治医にご相談いただき、その指示に従ってください。主治医の許可なく内服・注射された方は、低血糖を引き起こす恐れがあるため、安全上一部の検査をお断りさせていただきますので、ご了承ください。

女性の方へ

生理中の検尿、検便のご提出、子宮がん検診はお断りしております。後日改めてのご提出、ご受診をお願いします。日程変更についてはご相談ください。
妊娠中、妊娠の可能性がある方、妊娠をご希望で生理前の方は放射線を使う検査及び子宮がん検診を受けることができません。それ以外のがん検診については、妊娠中の方は主治医に検査受診の可否について御相談ください。

検査の注意事項

※胃X線(バリウム)・胃内視鏡・CT・MRIなどの各種検査や子宮がん検診などでは、体重が130kgを超えると検査台への過荷重にて安全性が確保できません。健診当日に検査をお断りする場合がありますのであらかじめご了承ください。
※現在、治療中または経過観察中の疾患がある場合は、あらかじめ主治医に各検査の必要性についてご相談ください。
検 尿 健診当日に採尿したものをご提出ください。
検 便 健診4日前から採便できますが、必ず涼しいところで保管してください。
※後日提出の場合、バリウム便では検査できませんので通常の便に戻ってから採便してください。
MRI 過去に手術や治療歴があり、体内に金属が入っている方や刺青(アート眉も含む)がある方は受診できない場合があります。必ず受診日までに実施した病院等にMRIの実施の可否を確認してください。体内金属以外にも禁忌がございますので、事前に必ず確認してください。
※確認が取れない場合、安全性が確保できないため、検査は実施できません。
胃X線 *前日21時までに消化の悪い物、脂肪分の多い物、アルコールを避けた食事を済ませてください。
*下記に該当される方は胃部X線を受診することができません。
・開腹手術、腹腔鏡手術後1年以内の方
・腸閉塞の既往のある方
・前回のバリウム検査後、排便困難で医療機関を受診された方
・健診当日を含め3日以上排便がない方
*心臓病、胃・大腸疾患で医療機関に通院中の方はあらかじめ主治医に検査受診の可否をご相談ください。
胃内視鏡 *麻酔について
当センターでは静脈注射による全身麻酔は実施しておりません。のど又は鼻の局所麻酔のみを行っています。以前に局所麻酔でアレルギーがあった方は検査を中止する場合がございます。
*抗血栓薬・抗凝固剤を服用中の場合について
服用を中止することなく検査を受けていただくことはできますが、生検は行っておりません。生検が必要とされた場合には、他医療機関への紹介となる場合がございます。
マンモグラフィ 下記に該当される方はマンモグラフィを受診する事ができません。
・授乳中の方及び断乳後6ヶ月以内の方
・豊胸手術を受けた方
・ペースメーカーを装着している方
・VPシャント、CVポートを挿入されている方